C. BECHSTEIN

ベヒシュタインのピアノを弾いていると、もっと弾いていたくなる。

もっと上手くなりたいと思うのと同時に、もう少し丁寧に、大切に楽器を扱わなければなるまいと感じる。