Jeff Baxterをご存知ですか?

スタジオミュージシャンというと、なんだかあんまりオリジナリティーとかがなくて、仕事で頼まれたらどんな音楽もやるっていうイメージがあると思う。私も、そう思うけれど、スタジオミュージシャンの多くがテクニック面で優れていて、色々な表現をできる器用な人が多いことは事実だろう。

 

それでも、スタジオミュージシャンの中には自分名義のアルバムを作っている人がいて、なかなかそれが良かったりする。私はギターが好きなので、スタジオミュージシャンとは言っても、ギタリストしか知らないけれど、リー・リトナーとかラリー・カールトンとかはその代表例だろう。

 

今日紹介するのは、ジェフ・バクスター。

ジェフ・スカンク・バクスターって言うと、もっと聞き覚えがある人も多いかもしれない。スタジオミュージシャンとして、数々のアルバムに参加していて、ヘビメタからジャズまで何でも弾けてしまう鬼才だ。

 

一番有名なのは、スティーリー・ダンのオリジナルメンバーとしてでないかと思う。そして、ドゥビーブラザーズのギタリストとしても有名だ。ドゥビーには、一時期いただけだから、あんまり知らないかもしれないけれど、マイケルマクドナルドとかが在籍した頃洗練されたギターサウンドで、クオリティーの高いロックをプレイし続けた重要なメンバーの一人だ。

 

私が初めてジェフ・バクスターの名前を知ったのは、小学生の頃。札幌中央図書館の2階に有った視聴覚コーナーでギターについてのレーザーディスクが有って、それが好きで何度も何度も見た。そのレーザーディスクの進行役を務めていたのがジェフ・バクスターだった。あの頃はまだスティーリー・ダンもドゥビーも聴いたことが無かった。それでも、ベレーを斜めにかぶり、口ひげをはやしたジェフ・バクスターのギターのサウンドは迫力が有った。

 

ジェフ・バクスターはさすがはスタジオミュージシャン、どんなサウンドでもすんなり収まるギタースタイルだ。ヘタウマとか馬鹿テクとかそういうギターじゃなくて、必要なサウンドを必要なだけ提供する。けれども、それだからってつまらないかというと、そうでもない。むしろ、ちょっとギターに余裕が有って、節度のきいているギターのサウンドは心地いい。あのサウンドでなければ、スティーリー・ダンは単なるギターサウンドだけのロックになってしまう可能性もある。ジェフ・バクスターのサウンドはバンドのサウンドを、色々な形につなぎ止める役割を果たしている。

 

ラリー・カールトンもいいけれど、再度是非バクスターのサウンドも聴いてみてください。

コメントをお書きください

コメント: 1
  • #1

    早漏 (火曜日, 12 5月 2015 18:10)

    悪くないね